facebook twitter line logo-banta-h-en logo-olu-h-en logo-banta-v-ja logo-olu-v-ja logo-banta-v-en logo-olu-vartical-en logo-hoshino-resort icon-arrow-head icon-book icon-calender icon-calender2 icon-car icon-caution icon-clock icon-hexagon instagram icon-internet icon-paper icon-search icon-sunset text-about text-access text-breakfast text-drink text-experience text-food text-grill text-insta text-main text-menu text-non-alcohol text-side text-soft-drink text-sweets
JP

MENU

CLOSE

EVENT

【終了】沖縄の海でアートと遊ぶ「海辺のアートフェスティバル」を開催します。

開催期間:2022年3月12日(土)~5月15日(日)※祝日を除く木曜は定休

開催場所:バンタカフェ

1/1
2022年3月12日~5月15日に「海辺のアートフェスティバル」を開催します。
次世代の沖縄カルチャーを牽引するアーティストが、うららかな春の海辺に集結。イベント期間中は、ライブペイントやワークショップで作品の魅力が体験できるほか、制作風景が見学でき作品の購入もできる小さなギャラリーも登場。色彩豊かなアートに包まれるバンタカフェでの特別な時間をお楽しみください。

海風を感じ、アートに囲まれてくつろぐ「てぃんかじテラス」

崖の上から浜辺へと続く散策路にある「海辺のテラス」では、テキスタイルにした作品を天蓋のように飾る他、やわらかなソファのカバーリングにも使用しました。色彩豊かなアートに包まれてのんびりと過ごせます。
参加アーティスト|DENPA、HAYATO MACHIDA、齋 悠記、早瀬 泉、知花 幸修

青い海を背景にアートを描く、ライブペイント

バンタカフェの目の前に広がる、青い海を背景にしたライブペイント。春の柔らかい日差しのなか、2mを超えるキャンパスに、アートが完成していく迫力のパフォーマンスを楽しめます。
開催日・アーティスト|3月12・13日 DENPA、4月23・24日 HAYATO MACHIDA
時間        |11:00~13:00、14:00~17:00
*4月23・24日のライブペイントは雨予報のため大屋根デッキで開催

あちこちでアーティストの作品に会える「あまくまギャラリー」

バンタカフェ内のあちこちに小さなギャラリーが登場。アーティストが在廊する日には、制作風景を間近で見学したり、作品に描かれた想いを直接聞くことができます。また、ポストカードやキーホルダーなど、アーティストグッズの販売も行います。
アーティスト在廊|4月3・10日 nami、4月17日 DENPA、5月15日 齋悠記 時間11:00~16:00
グッズ販売   |上記日程を除く土日 時間12:00~16:00

沖縄の伝統・紅型を体験するワークショップ

染色家 知花幸修氏によるワークショップを開催。コースターの染色を通して、鮮やかな色合いと繊細な模様が特徴の、紅型の魅力を感じるワークショップです。
開催日|4月23・29日、5月4・5日
時間 |10:00~、12:00~、14:00~、16:00~(約1時間)
料金 |2,000円(税込)
【ワークショップ予約】



【海辺のアートフェスティバル】
期 間:2022年3月12日~5月15日(5月5日を除く毎週木曜は定休日)
時 間:12:00~18:00 土日祝と5月2・6日は、10:00~
料 金:カフェまたはグリル利用で入場無料、ワークショップの参加は別料金
場 所:バンタカフェ
備 考:荒天時はイベントの開催を中止する場合があります。
当日はマスクの着用など、コロナウイルス感染症対策へのご協力をお願いいたします。
混雑時は入場制限をする場合もございます。

◆当日はマスコミ・メディア等の取材・撮影が入る場合がございます。撮影内容はTV・新聞・インターネット等に掲載される場合がございますので、予めご了承ください。
「海辺のアートフェスティバル」2021年の様子


【参加アーティスト紹介】(順不同)
DENPA 
“no concept”を前提に、受け手に感覚的な解釈と快感を与える抽象表現を突き詰める。NYでの個展をはじめ世界的な壁画フェスへの参加などワールドワイドな活動を展開。
HAYATO MACHIDA
大学入学後アート留学でNYへ。数々のライブイベントのウェルカムボードや施設の壁画も手掛ける他、日本酒のラベルのデザインなど幅広く活躍。日常の両価的感情をテーマに作品を作り続ける。
nami
県内各地で行われるグループ展やアートイベントで作品を発表。女の子と花を組み合わせた愛らしいモチーフから言葉に出来ない感覚の表面化を計る。
齋 悠記
自らが滞在する土地に息づく人々の暮らしや自然から感じ取るものを、日常の生活の循環の中から表現している。鑑賞者がそれぞれの思いを巡らす場所としての絵画を描き続けている。
早瀬 泉
無農薬・無化学肥料で琉球藍を栽培し、自らの手で畑を耕し「土と繋がった色」を素材に宿す、琉球藍 染織工房「亞人」。古典や民族の模様を織り交ぜた布製品や、植物を採取し、土の香りがするような作品を創り出す。
知花 幸修 
紅型研究所染千花 所属。沖縄の伝統工芸“紅型”にストリートカルチャーやPOPアート、サブカルチャーの要素を取り入れた新しい作品を発信。
1/1

SHARE

バンタカフェは予約不要です。朝食からランチ、サンセットタイムまで、気軽に利用できます。

イノーを見渡す入江の特等席